初めてのレーザー脱毛

私は学生の頃から多毛症に頭を抱えていました。

腕、足、脇、背中、顔、お腹、胸とほぼ全身に毛があります。

特に、脇と腕とすねの毛深くて悩んでいます。

小学生時代には、事前に腋毛が生えていました。

その頃、小学校、中学校の体育の授業は、体操着にブルマだったのですが、もろにすね毛がでてしまって、照れくさい考えをしました。

私が小さなころから、毛が濃くて悩んでいたので、高校生の事例に、母がレーザー脱毛ってあるけど、やってみる?って誘ってくれました。

他にも、初めて脱毛サロンでレーザー脱毛を体験しました。

現在から20年前の話ですが、脱毛一つところ、一回で30万以上しました。

脱毛の箇所を選べたので、腕を選択しました。

両腕の肘から手首までのところを脱毛してもらいました。

レーザー脱毛でしたが、相当痛かったです。

あまりの痛さに涙が出そうでした。

他にも、担当したスタッフはビギナーのような感じの男性でした。

私があまりに痛がるので、レーザーの強さを弱めの設定に変更してくれたのですが、その一方で痛かったです。

脱毛が終わった後の肌は真っ赤に腫れ上がりました。

たとえて言えば火傷をした後のような感じでした。

一週間ほどでその赤みと痛さは治まりました。

その脱毛の成果は、レーザーがあたったところは現在でも生えてきませんが、あたらなかったところがあり、まだらに毛が生えてきています。

30万円かけたわりに、完璧脱毛には程遠い、佇まいになってしまいました。

結局はじめての脱毛は間違いに終わりました。

母に30万も出してもらったのに、申し訳ない気分です。

脱毛について考える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です