ノンエーの泡を洗い流す際の注意点について

洗浄力の高いノンエーは、顔に泡を付けて数分放置すると、肌に必要な皮脂まで落とすことになります。

そのため、ノンエーの泡を顔に付けてから泡を洗い流すまでは、20秒から30秒の間隔で行うことにより、洗顔による乾燥を防げます。

特に、乾燥肌の人だとノンエーの泡を数分顔に付けたままにすると、余計に肌の乾燥が進行することになります。

乾燥肌の人なら、10秒から20秒の間隔で行うことで肌の乾燥を抑えつつ、洗顔で顔を綺麗にすることができます。

また、ノンエーは短時間でも皮脂や汚れを落とせるので、ノンエーによる洗顔は短時間で行うことができます。

とはいえ、ノンエーで洗顔する時は手や指による肌への摩擦や、泡を強く顔に当てすぎると肌の乾燥を招くことになります。

なので、洗顔した後に肌が痒みを伴う場合は、肌に刺激を与えすぎてる可能性が高いとされます。

また、洗顔する時の湯の温度も関係するので、ノンエーの泡を洗い流す際は体温に近い湯の温度で行うのがお勧めとされます。

しかし、泡を洗い流す時の湯の温度が高すぎると、肌の乾燥を招くので、自分に合った湯の温度を見つけ出すのがポイントとなります。

そして、ノンエーで洗顔して洗い流したら、顔についた水分をしっかり拭き取ります。

この時、肌への刺激を減らすためにタオルで顔を拭くなら、タオルを顔に軽く押し当てるように拭き取るのがコツになります。

ノンエーの泡を洗い流す時は、ノンエーの泡を顔に付けてから数分放置しないことと、体温に近い湯の温度で洗い流すのが重要になります。

ノンエーの口コミ情報を見てみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です